扁額の下のバイク

扁額の下に停められたバイク
マレーシアのマラッカにある中華街で撮影 オザワテツ

男は漢字で書かれた扁額の下にバイクを停めていた

男性が中華街に建つ家の木製の扉の前にバイクを停めていた。バイクに跨ったまま、手元に持ったものをガサガサと見ている。男は郵便配達人のようだ。この建物宛の郵便物を探しているのだろう。

男の上には漢字で書かれた扁額が掛かっている。ここマラッカに住んでいる華僑はプラナカンと呼ばれ、その多くは数百年前に中国本土から移住してきた人たちの末裔だ。故郷を離れて数百年たった今でもきちんと漢字をつかうという習慣を保ち続けているようだ。

扁額には「隆昌」という書かれている。これは日本語でも中国語でも同じような意味で、繁栄することを意味している。言霊というと日本的なものを感じるけれど、願い事や希望をすぐ文字にしたためる中国の人たちも充分言霊を信じているような気がする。

EN

マラッカってどこ?

PHOTO DATA

No

2665

撮影年月

2008年12月

投稿日

2009年04月07日

撮影場所

マラッカ / マレーシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM