絵の横でチェスする二人

絵画の横でチェスに興じるふたりの男
インドネシアのジャカルタにあるサワー・ブサル地区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ふたりの画家が仕事の合間に絵画の横でチェスに興じていた

ジャカルタのサワー・ブサル地区を歩いていると、小さなギャラリーというかアトリエというか、画家が集まっている場所にやって来た。それぞれのギャラリーに画家がいて、絵が飾ってある。肖像画が多い。肖像画が欲しい人はこのような場所で好みにあった画家に頼むのだろう。

でも、肖像画なんてものを描いて欲しいという人は、そうそう現れる訳ではない。僕のイメージでは、肖像画を欲しいと思うのは一生に数回あるだけだ。結婚したとか、孫が生まれたとか、人生のターニングポイントだけだろう。しかも、その数回しかない機会も、ほとんどの人は写真で済ませてしまうに違いない。絵で何かの記念を残そうなんていうのは、庶民からするとちょっと成金趣味のような気がしてしまう。

ジャカルタの画家が集まっているところでも、状況は同じようなもののようだ。小さなギャラリーの中で絵画を制作中の人もいるにはいるけれと、ほとんどの画家は暇そうにしていた。注文が入らなければ、何もすることがない。暇を潰す方法は国や場所によって様々だ。トランプをする人もいれば、チェッカーに興じる人もいるし、麻雀をする人もいる中で、ジャカルタではチェスをする人が多いように見える。この場所で暇を持て余している画家にも同業者とチェスに興じている人がいた。写真のふたりがそうだ。二人はまるで駒を動かすが仕事であるかのように、真剣な顔でチェスを指していた。

ENGLISH
2020年7月 インドネシア 人びと
チェス 煙草 二人組 ジャカルタ 真剣な顔

ジャカルタにあるサワー・ブサル地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11613

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月22日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ