男たちは相手の手をじっと見ていた

対戦相手の手を眺める男たち
タイのバンコクにあるバーンコークヤイ区で撮影
関連する写真

この日は平日だったけれど、公園の一角に暇を持て余している男たちが集まってマークルックと呼ばれるタイ将棋に興じていた。他人事ながら仕事の方は大丈夫なのかと思ってしまうけれど、おそらくは大丈夫なのだろう。ここにいる誰しもが時間に追われているようには見えなかった。それよりも勝負の行方の方が大切なようだ。眼鏡を掛けた男も、タイ将棋に興じていたひとりだ。男は真面目な顔で将棋盤の上を眺めている。頭の中は仕事のことではなく、将棋のことでいっぱいに違いない。

そうこうしているうちに、対戦相手の男が駒を動かした。そして、眼鏡の男はじっとそれを見ている。その手に注目しているのは眼鏡の男だけではない。周囲で対局を眺めている男たち全員がその一手を眺めていた。男の駒は眼鏡の男の陣地の奥にまで侵入して来ている。どうやら眼鏡の男はクンと呼ばれる王将を守らなければならない状況に追い込まれているようだった。その状況に眼鏡の男の表情はよりいっそう険しいものになっていった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年6月 人びと タイ
バンコク チェス 険しい顔つき
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10601

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年06月11日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バーンコークヤイ区ってどこ?

PREV & NEXT