男は優勢にゲームを進めているようだった

楽しげに駒を動かす男
タイのバンコクにあるバーンコークヤイ区で撮影
似ている写真 撮影地

僕は足を止めて、広場の一角でマークルックと呼ばれるタイ将棋に興じる人びとを眺めることにした。マークルックはチェスや日本の将棋と同じように古代インドのチャトランガが起源とされるボードゲームだ。タイ将棋と呼ばれているけれど、盤の上に置かれた駒の形は日本の将棋や中国のシャンチー、韓国のチャンギよりもチェスのに似ている。そして、シャンチーやチャンギに見られるような摩訶不思議な斜めの線はマークルックの盤には見られない。マークルックをしている人を実際にこの目で見たのは初めてだ。

写真の小太りの男も、同好の士の輪の中でマークルックに興じていた。指している間ずっとペチャクチャと話している。とても機嫌がいいようだ。自分の番が来ると楽しそうに駒を次から次へと動かしている。マークルックのルールが分からない僕には、盤の状態を見てもいまいち状況が判断できない。でも、男の表情を見るにこの男が優勢にゲームを進めているのだろう。勝利は目前なのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年6月 人びと タイ
バンコク チェス 眼鏡 男性 笑顔
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10599

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年06月10日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バーンコークヤイ区ってどこ?

PREV & NEXT