六義園のベンチで寛いでいる人がいた

六義園の木の下で休む人々
東京の駒込にある六義園で撮影
関連する写真

名物の枝垂桜の周りにあるちょっとした広場にはベンチが置かれていた。写真を撮ったのは9月だったので、勿論桜は咲いていない。それでも木の下にあるベンチには寛いでいる人が姿が見えた。六義園は空いていて、穏やかな雰囲気が漂っている。ここに来ると、都会の真ん中にいることを忘れることが出来る。都内で僕の好きな場所のひとつだ。

六義園は徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園だったところだ。戦国時代が終わり、平和な江戸時代になると、戦う必要の無くなった大名たちはこのような大名屋敷を競って造ったのだという。文化が発達するには平和にうつつを抜かすのが必要不可欠なのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年10月 人びと 東京
ベンチ 駒込 公園 六義園 広場
駒込で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1117

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年10月02日

更新日

2020年10月05日

撮影場所

駒込 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL

六義園ってどこ?

PREV & NEXT