鼻梁の高い顔

鼻梁の高い顔
東京の戸越銀座で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

戸越銀座に高い鼻の顔が置かれていた

戸越銀座の商店街をフラフラ歩いていると、道路脇に大きな顔が置いてあった。鼻梁が屹立している。どこからどう見ても東アジア人の顔ではない。ここはイタリア料理店の前だった。この人形の顔もの高い西洋人をイメージしたものなのだろう。

そもそも鼻の高さになぜ地域差があるのだろう。とある研究によれば、鼻の高さは暮らしている地域の気候に適応した結果なのだそうだ。地域ごとの自然環境が大きく影響を与えているのだ。例えば寒冷地に暮らすヨーロッパ人が細くて高い鼻をしているのは、低温で乾燥した空気を加熱・加湿するために進化した結果なのだ。

冷たい空気が直接肺に入ることを避けるために、空気は鼻の中で加熱と加湿されるのだけれど、その際、鼻腔が狭い方が効率的だ。鼻腔が狭くなれば、その分鼻も高くなる。その結果、緯度の高い寒冷地に住む人の鼻ほど細く高くなるというロジックだ。

もしこのロジックが正しいのならば、地球温暖化が進んでいるのだから、世界中の人の鼻はどんどん低くなっていくに違いない。

ENGLISH
2021年6月 静物 東京
商店街 戸越

戸越銀座ってどこ?

PHOTO DATA

No

11929

撮影年月

2020年10月

投稿日

2021年06月06日

撮影場所

戸越 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ