薄暗い商店街

商店街の先の人影

ほとんどのお店がシャッターを閉めていた

東京の立石で撮影。

京成立石駅のすぐ近くには、古いショッピングアーケードがあった。写真のアーケードはその立石仲見世商店街だ。お店がびっしりと並んでいる。でも、残念ながら殆どのお店がシャッターを下ろしていて、もう長いこと営業をしていないように見える。商店街は薄暗く、静けさに包まれていた。このような商店街が繁栄することはもうないのかもしれない。とたえ、それが都内にあったとしても。

真ん中に立って、真っ直ぐに伸びる薄暗い商店街を見ていた。すると、道の先に老人の人影が見えた。少子高齢化だけが衰退の原因なのかどうか、僕にはよく分からない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9886
撮影年月
2016年5月
投稿日
2016年09月28日
撮影地
立石 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年9月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP