若い僧侶がハヌマーンの像を彫っていた

木彫りをする僧侶
ラオスのルアンパバーンにある仏教寺院で撮影
関連する写真

中庭にやってくると、数人の僧侶たちが地面に腰を下ろしていた。木彫りの像を作っているのだった。どうやら中庭は工房のような使われ方もしているようだ。写真の若い僧侶も、道具を地面に並べながら木彫りをしていた。

作っているのは仏像ではなくて、ハヌマーンの像のように見える。いずれにしても、像は観光客に売られて寺院の運営に資することになるのだろう。そして、この僧侶は徳を積むことができるのだ。

カメラを向けると僧侶は手を止めて微笑んでくれた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年2月 ラオス 人びと
ルアンパバーン 僧侶 木彫
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7290

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年02月27日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

PREV & NEXT