肉屋は丸太で作ったまな板の上でマトンを捌いているところだった

羊の頭を解体中の肉屋
羊の頭を解体中の肉屋
似ている写真 撮影地

ルンギを穿いた若い男がマルダの道端に腰を下ろしていた。男は肉屋で、小屋の何も無いけれど、腰を下ろしていた場所がお店のようだ。丸太で作られた大きな俎板が男の前に置かれている。仕事中だったので、男の手には長い包丁が握られていた。包丁の峰が反り返っていて、映画に出てくる武器のようにも見える包丁だ。

インドでは町中にある肉屋さんで肉をさばいて、その場で販売していることが多い。町を歩いていると、肉屋さんを見かけることは珍しいことではないし、肉屋が肉をさばいているのを見かけるのも珍しくない。この写真の男も仕入れた肉をその場でさばいて販売していたのだ。

肉屋の男はちょうど包丁でマトンをカットしていた。肉は粗方捌かれていて、俎板の上に残っているのは頭だけになっていた。よく見ていると、目が残っていて、じっと虚空を見詰めている。ちょっと怖い。このような姿になってしまった以上、山羊の魂が無事に天国に辿り着いていること願うばかりだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年5月 インド 人びと
肉屋 包丁 ルンギ マルダ マトン 上半身裸
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6425

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年05月11日

更新日

2022年07月29日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

スナップ写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT