若い肉屋は切る

肉を捌く肉屋

肉屋はちょうどマトンを捌いているところだった

インドのマルダで撮影。

ルンギを穿いた若い男が道端に腰を下ろしていた。男が肉屋で、その場所は男のお店のようだ。丸太で作られた大きな俎板が男の前に置かれている。仕事中だったので、手には長い包丁が握られていた。包丁の峰が反り返っていて、映画に出てくる武器のようにも見える。

肉屋の若者はちょうど包丁でマトンをカットしているところだった。肉は粗方捌かれていて、俎板の上に残っているのは頭だけになっていた。よく見ていると、目が残っていて、じっと虚空を見詰めている。ちょっと怖い。このような姿になってしまった以上、山羊の魂が無事に天国に辿り着いていること願うばかりだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

マルダってどこ?

PHOTO DATA

No

6425

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年05月11日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

スナップ写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

アーカイブ