ルンギを穿いた男が上半身裸になって金槌で叩いていた

金槌を手にした男
バングラデシュのマイメンシンで撮影
関連する写真

ルンギをはいた男がマイメンシンの道端にしゃがんでいた。その場所は工房のようになっていて、男はそこで働いているのだった。僕が通りかかったとき、男は金槌を手にして部品の修理のようなことをしていた。

連日の暑さはよそ者の僕だけでなく、地元の人にとっても堪えるようだ。金槌を手にした男も上半身裸で働いていた。しかし男は汗だくになって町をウロウロしている僕と違って、汗一つかいていない。金槌で叩くような動作くらいでは汗はかかないようだ。カメラを向けると、男は金槌で叩くのを暫し止めて僕のカメラを涼し気な顔で一瞥してくれた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2010年4月 バングラデシュ 人びと
ハンマー ルンギ 男性 マイメンシン 仕事
マイメンシンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3902

撮影年月

2009年9月

投稿日

2010年04月02日

更新日

2021年05月10日

撮影場所

マイメンシン / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

マイメンシンってどこ?

PREV & NEXT