鍋をドラムのように叩く男の子

鍋をドラムのように叩く男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ひっくり返した鍋を地面において、男の子はドラムを叩くように鍋を叩いていた

川沿いにバラックのような家が並んでいるのを眺めながらジャカルタの道を進んでいくと、だんだんと住居なのか倉庫なのか、はたまたガラクタの保管場所なのか分からなくなってきた。通りかかったところにも屋根の下に雑多なものが散乱している。バケツもあればも見えて、通りがかりの人間には、いつの日か使うために保管しているのか、もう使うこともないので放置されているのか判断するのは難しい。

さらにだ。その中に置かれていた鍋を逆さまに地面に置いて、スティックのようなものでリズムカルに叩いている男の子がいるような場合には、もう本当に区別がつかない。楽しそうに叩いていた男の子の表情は、本当は煮炊きするための鍋を悪戯でドラム代わりにして遊んでいるようにも見えるし、誰も使わなくてもったいない鍋をドラムとして再利用しているようにも、どちらにも見える。

ただひとつ確実に言えることは、鍋の裏を叩く男の子はとても楽しそうだったということだけだ。カメラを向けると、どうだ!僕のドラミングは!と言わんばかりの顔を見せてくれた。ジャカルタでは他にも道端で太鼓を叩いている男の子を見かけたことがある。ここでは太鼓を叩くのは一般的なことなのかもしれない。

ENGLISH

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11740

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年11月25日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF