おやつを食べる男の子

おやつを食べる男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

おやつを食べていた男の子がカメラを見つけて微笑んでくれた

川沿いの道にも家がびっしりと並んでいた。ここはジャカルタの住宅街の中だ。川に沿って伸びる道の川と反対側の道にはずらっと戸建てが並んでいて、川側には戸建てのようなバラックのような粗末な家が並んでいる。同じエリアなのだけれど、川側とその反対側で建物の雰囲気はかなり違う。明らかに川側に建つ家の方が貧しく見える。

多くの都市で、川沿いは貧しい人たちが住むエリアになっていることが多い。洪水にでもなれば、真っ先に被害を受けるような場所で都市整備の手の届いていないところに居を構えるのはどこでも相対的に貧しい人なのだ。日本でもかつては、非課税地である河原に逃れた社会的下層の人を河原者と呼んで蔑んでいた。そのような状況はどこの国でも同じなのかもしれない。

そのようなバラックを眺めながら歩いていると、バラックのひとつに男の子がいた。ちょうどオヤツを食べていたところのようだ。カメラを向けると、お菓子を頬張りながら笑顔を見せてくれた。子どもの笑顔はどこであってもプレシャスだ。

ENGLISH
2020年11月 インドネシア 人びと
男の子 ジャカルタ 笑顔 お菓子

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11739

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年11月24日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ