タマン・サリ地区で遊んでいた男の子たち

タマン・サリ地区の町角で遊んでいた男の子
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

タマン・サリ地区をウロウロしていると、道端で騒々しくしている男の子たちがいた

ジャカルタの住宅街を歩いていた。子どもたちが道端で遊んでいた。地べたに寝転んだ男の子の周りを大勢の男の子が取り囲んで騒いでいる。何をしているのだろう。よく分からない。でも、男の子の間では何かしらの確固としたストーリーが展開されているに違いない。言ってみれば、男の子たちはここではないどこか、パラレルワールドを楽しんでいるのだ。その非現実性をはっきりと示すかのように、向こうでひとり離れて腰を下ろしていた男の子が黙々と太鼓を叩いていた。太鼓の音が響いている間、ここではパラレルワールドの時間が進んでいるのだ。

路地には太鼓の音が響き渡り、男の子たちは儀式を行うかのように遊んでいる。でも、その厳粛なゲームは僕の持っていたカメラのせいでちょっと壊れてしまいそうになってしまった。数人の男の子が儀式をそっちのけでカメラに興味を示し始めたのだ。その場がパラレルワールドから一気に日常に戻って来そうになっても、太鼓を叩いていた男の子は表情を変えることなく淡々と太鼓を叩き続けていた。

EN

タマン・サリ地区とは

タマン・サリ地区はインドネシアの西ジャカルタ市にある地区。西ジャカルタ市では最小の地区(4.37km2)である。南と東に中央ジャカルタ、北に北ジャカルタに囲まれている。タマン・サリ地区にはジャカルタ旧市街、カリブサル運河の東側の領域の南東エリアが含まれています。このエリアは、ジャカルタの最古のエリアで17世紀にバタビア(ジャカルタの古い名前)の行政の中心地だったところです。

ジャカルタにあるタマン・サリ地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11588

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月02日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ