歩道のカラフルなパラソル

歩道に出ていたカラフルなパラソル

カラフルなパラソルが歩道に出ていた

ミャンマーのヤンゴンで撮影。

パンソダン通りには中層の立派な建物が建ち並んでいた。どれもこれも年季の入っている建物だ。この辺りには官庁や政府系企業の建物が多い。正式な首都はネーピードーに遷都されてはいるものの、ミャンマーの中心は今でもヤンゴンなのだ。写真の建物をよく見てみると、入り口の上に企業名が書かれている。それによると、ここはミャンマー農業発展銀行の建物のようだ。HEAD OFFICEとも書かれているからここが本店なのだろう。

調べてみると、この建物は1930年代に建てられているらしい。通りで古びているわけだ。建設当初の所有者はNational Bank of India。今では不思議なことだけれど、建設当時のミャンマーはイギリス領インド帝国の一部だった。インドやバングラデシュとミャンマーは文化も人もかなり違うような気がするけれど、イギリス人は一緒くたにしてしまっていたのだ。そのため、ヤンゴンの中心にNational Bank of Indiaの建物があったのだろう。

この日は日曜日だったので、道を歩いている人は少ない。閑散とした歩道には露店商がカラフルなパラソルを広げて商売していたけれど、暇そうだ。人通りもまばらな大きな通りには長閑な雰囲気が漂っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10817

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年12月04日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ