リヤカーが壁に立て掛けてあった

リヤカー
東京の品川で撮影 オザワテツ

木陰にはリヤカーがあった

公園の片隅に一台のリヤカーが立てかけてあった。この辺りの町名は北二町というようだ。品川の辺りは今では立派な都内だけれど、江戸時代には江戸の外で、東海道の最初の宿場町が置かれたところだ。宿場町があったのは、JRの品川駅がある場所ではなく、もう少し南に行った北品川の辺りだった。

かつては大層賑わったのだろうけれど、今ではJRの駅もなく閑静な住宅街になっている。本陣があった場所にもその面影はなく、何の変哲もない公園になっていた。った。

EN

品川ってどこ?

PHOTO DATA

No

113

撮影年月

2005年6月

投稿日

2005年07月03日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V