背中いっぱいに入れ墨にが彫られていた

背中に大きな刺青のある男

ミャンマーのヤンゴンで撮影

関連する写真

歩道で男たちがしゃがんでいた。将棋だろうか。何かのゲームに興じている。写真の男もゲームをしていたのだった。男は上半身裸になっていて、背中に描かれている刺青がバーンと目に入ってくる。

おおまかに言うと、三つのものが刺青されていた。大木と豪邸と龍だ。これらは男が手に入れたいと思っているものなのだと思う。豪邸は富を、龍は勇敢さを象徴しているのだろうけれど、大木が何を意味しているのかはよく分からなかった。これも富の象徴なのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年2月 ミャンマー 人びと
背中 男性 刺青 ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9045

撮影年月

2010年2月

投稿日

2015年02月06日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ヤンゴンってどこ?

Prev & Next