南禅寺の参道を歩く人々

南禅寺の本堂に向かう参拝客
京都の南禅寺で撮影 オザワテツ

本堂に向かって歩いている参拝客が見えた

境内の入り口には大きな山門が聳えている。伝説によると、ここに登った石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」という文句を残したとされているけれど、実際に山門が建立されたのは石川五右衛門が死後のことらしい。僕も登って石川五右衛門と同じ気分に浸ることにした。山門の上からは本堂へと伸びる参道が枝越しに見える。

ぼんやりと参道を眺めていると、三人の人影が現れた。ひとりは日傘を差している。三人とも黒い服を着ていたから、法事にでも訪れたのかもしれない。

EN

南禅寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

590

撮影年月

2006年9月

投稿日

2006年10月30日

撮影場所

南禅寺 / 京都

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ