フレームの中の男

橋脚の間を歩く男
京都にある南禅寺で撮影 オザワテツ

男が橋脚の間を歩いていた

歴史ある落ち着いた雰囲気の境内に産業遺産が残っている。煉瓦造りの橋脚が等間隔に建ち並んでいて、その上を水路が通っている。これは「水路閣」と呼ばれるもので、琵琶湖の湖水を京都の町に運ぶために造られた琵琶湖疏水の一部だ。境内の中にあるのはちょっと場違いのようにも見えてしまう。

橋の下に立ち止まっていると、橋脚の向こうの方にスーツを着た男が俯きながら、歩いているのが見えた。その姿はフレームの中を歩いているようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

南禅寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

591

撮影年月

2006年9月

投稿日

2006年10月31日

撮影場所

南禅寺 / 京都

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

アーカイブ