萬華区でバナナを売る行商人

バナナを売る行商人
台湾の台北市万華区で撮影 オザワテツ

トラックの荷台には沢山のバナナが陳列されていた

トラックが萬華区の道端に停まっていて、横にはオレンジ色のTシャツを着た男が立っていた。男は行商人で、ここでバナナを販売しているのだった。ちょうど女性の客がやって来て買っている。台湾はバナナの産地だ。男が売っているのも国内で採れた台湾バナナなのだろう。

台湾はバナナを栽培できる北限に位置するらしい。1970年代にエクアドル産とフィリピン産のバナナが日本の市場を席巻するまでは、バナナといえば台湾産のものを指していたようだ。今では2%程度しかマーケット・シェアはないようだが、甘くて濃厚な味わいを持つ台湾バナナは今でも根強い人気がある。

EN

台北市万華区ってどこ?

PHOTO DATA

No

9978

撮影年月

2016年9月

投稿日

2016年12月20日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA