チャトゥチャック市場でスイーツを売っていた屋台

チャトゥチャック市場でスイーツを売っていた屋台
タイのバンコクにあるチャトゥチャック市場で撮影 オザワテツ

チャトゥチャック市場の中には食べ物の屋台も沢山出ている

このチャトゥチャック市場が混雑している理由は観光名所になっているからだけではない。この市場が開催されるのは週末だけということもあるのだ。もともと王宮前の広場で開催されていたようだが、交通渋滞を引き起こすようになったためにここに移転したらしい。場所を変えても、昔と同じように繁盛しているようだ。

この市場は8つのエリアに区分けされている。衣類を売っているエリア、インテリアを売っているエリア、ペットを扱っているエリア、骨董品エリア、古本エリア、中古品エリア、ガーデンニングのエリア、そして飲食エリアの8つだ。それぞれのエリアには小さなお店が密集している。なんでも市場全体では8000ものお店があるのだそうだ。

あまりにも広いので、市場の中を歩いているとすぐにどこにいるのか分からなくなってしまう。もっとも、僕は何かを買うためにやって来た訳ではないので当て所無く歩き回っていただけだけれど。飲食エリアの外にも食べものの屋台が出ていたりするので、ぼんやりと眺めてみたりしながら歩いていく。写真の屋台も衣料品店の中で営業していた屋台だ。

店頭にはマンゴーの切れ端が置かれていて、果物のスイーツを販売する屋台のようだった。これだけ広い市場で買い物をするというのはお腹が減るようなことなのだろう。お目当ての商品を求めてやって来ても、それを探し当てるのはちょっとした宝探しのようなものものになってしまうに違いない。

EN
SHARE ON SNS 😃

チャトチャック市場とは

チャトチャック・ウィークエンド・マーケットは、タイのバンコク・チャトゥチャック区にある市場。1982年設立。 チャトチャック・ウィークエンド・マーケットはタイで最も大きい市場で、おそらく世界最大。 敷地面積は1.13 km²と広大で、15000以上の屋台が軒を連ねる。毎日、20万人~30万人が訪れる。多くの店はその名の通り土・日のみの営業。 売られている物は、日用雑貨、衣類、民芸品、宗教的な芸術作品、種々のコレクション、食品、ペットなど実にさまざま。 JJモールや一部のショップは、土日以外も営業している。

チャトゥチャック市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11383

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月01日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ