横断歩道の上の影

横断歩道を横断していた車椅子

車椅子が横断歩道を横断していた

東京の中野で撮影。

久しぶりに中野へとやって来た。駅前の中野サンモールは相も変わらず賑わっている。大勢の人が行き来して混雑していた。この中野サンモールの奥にはサブカルチャーの聖地とも呼ばれることのある中野ブロードウェイがある。漫画専門の古書店であるまんだらけのある場所だ。だからといって、歩いている人が若者ばかりではない。皆が皆サブルカルチャーを求めて中野を訪れる訳ではない。商店街は地元の人たちに今でもしっかりと利用されているのだ。

駅前にやって来ると、昔はなかったペデストリアンデッキがあるのに気がついた。横断歩道を渡ることなく、中野サンプラザ側へと渡れるようになっている。そういえば、中野サンプラザの辺りは再開発されるという話になっていたような気がするけれど、どうなっているのだろう。この日に見た限りではまだ何も始まっていないようだった。

ペデストリアンデッキの上から往来をぼんやりと眺めていた。眼下には横断歩道があって、白線が何本も引かれている。信号が青に変わる度に白線の上を人びとが歩いていく。日差しが強かったので、歩行者の影がくっきりと路面に落ちている。写真の車椅子の影もまるで影絵のようにはっきりと路面に落ちていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10760
撮影年月
2018年5月
投稿日
2018年10月12日
撮影地
中野 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年10月 人々 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP