黄昏の中、多くの人が横断歩道を渡っていた

横断歩道の上の群衆
東京の王子で撮影
関連する写真

王子駅前にある歩道橋の上に立ち止まって、眼下の通りを眺めていた。すぐ近くには横断歩道が設けられていて、信号が青になると大勢の歩行者たちが上を蠢いていた。右に向かって歩く人もあれば、左に向かって歩く人もいる。そして、一度信号が赤になると歩行者の姿は路上から消え去り、再び道路上は自動車が主役の世界へ変わるのだった。

21世紀になっても、大きな道路は自動車たちが我が物顔で走っている。子どもの頃に読んだ本の中では21世紀の自動車は空を飛び回っていたのだけれど、現実の自動車は今でも地面を這い回っている。技術革新は空想のようには発展しなかったのだ。

ENGLISH
2016年1月 町角 東京
王子 歩行者 横断歩道

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9619

撮影年月

2015年10月

投稿日

2016年01月16日

更新日

2021年03月11日

撮影場所

王子 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

王子駅ってどこ?

Prev & Next