栗林公園の木

栗林公園の木

大木が太陽の下でのびのびとしていた

香川の高松にある栗林公園で撮影。ここはもともと高松松平家によって築造された大名庭園だ。起源は松平家がこの地に来る前にいた豪族まで遡るようだけれど、今に残る庭園を作ったの松平家の人びとのようだ。残念ながら日本三大庭園というとこの栗林公園は含まれない。それでも、ここは素晴らしい庭園だと思う。ミシュランガイドでも最高評価3つ星に選定されている。

僕が訪れて時は空いていて、のんびりとした雰囲気を満喫することが出来た。園内の一角へとやって来るとふたつの大木がどしんと構えている。太陽を全身で浴びてのんびりしているように見えた。大木も来園者が少ないほうがのんびり出来るのかもしれない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
1164
撮影年月
2007年9月
投稿日
2007年10月25日
撮影地
高松 / 香川
ジャンル
自然写真
アーカイブ
2007年10月 香川 自然
使用カメラ
CANON EOS 1V
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP