薄暗い道を托鉢をする僧侶たちが行進していた

托鉢のために薄暗い道を歩く僧侶たち
ラオスのルアンパバーンで撮影
似たような写真

道端に立っていると、向こうの方からオレンジ色の袈裟に身を包んだ僧侶の集団が現れた。それぞれが手に托鉢用の鉢を抱えている。僧侶たちが托鉢のために町中を練り歩いているのだ。僧侶のたちによる早朝の托鉢はルアンパバーンの目玉のひとつだ。

僧侶たちは朝霧の中を歩いている。そして、道端で待ち構えていた信徒たちは、僧侶に施しを与えている。托鉢は毎朝行われる。毎朝街を練り歩き、信徒から施しを受けるのだ。僧侶にとっては修行の一環だからなのか、みな黙々と歩いていた。

 でコメントする
ENGLISH
2008年4月 ラオス 人びと
托鉢 仏教 袈裟 ルアンパバーン 僧侶

PHOTO DATA

No

1603

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年04月23日

更新日

2023年12月12日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT