男は金槌を手にしていた

鍵職人
タイのバンコクにあるポーンプラープ区で撮影
関連する写真

歩道の脇に置かれたテーブルの上には万力が備え付けられていた。男は万力で鍵を挟むと、手にしたハンマーで形を整え始めた。男は鍵職人だった。鍵の形を整えるなんて、細かい作業に違いない。

男は指先に神経を集中して、トントンとリズムカルに叩いている。仕事に集中している男は僕には一瞥もくれることもなく、叩き続けている。失敗したら、その鍵はいかなる扉も開けられなくなってしまう。扉を開けられない鍵というのはちょっとミステリアスで面白いと思うのだけれど、実用的では全くなくなってしまう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年1月 人びと タイ
バンコク 職人
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10413

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月15日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ポーンプラープ区ってどこ?

PREV & NEXT