次から次へと生煎包を包む男

次から次へと生煎饅頭を包む男

男は生煎饅頭の餡を次から次へと包んでいた

台湾の台北にある臨江街夜市で撮影。

臨江街夜市の端にあるお店の中では店員たちが忙しそうに働いていた。ここは生煎包を売るお店だった。生煎包とは挽き肉の具を小麦粉の皮で包み、鉄板で蒸し焼きにした点心だ。上海料理らしい。

店では分業体制が確立しているようで、それぞれがそれぞれの作業を黙々と進めている。餡を包子に包む人、包子を鉄板で蒸し焼きにする人、出来上がった包子を客に売る人、それぞれが忙しそうに立ち回っている。なにせ、出来上がった生煎包は出来たそばから飛ぶように売れているのだ。ここでは人気の軽食のようだ。

写真の男は包む作業の担当だった。ひたすら餡を包子に包んでいる。挽き肉などの入った缶がテーブルに置かれていて、男はそこからすくうと手慣れた手付きで包子に包んでいるのだった。一体一日にどれくらいの数の生煎包を包むのだろう。この様子だと、相当の数を包むに違いない。同じような作業ばかりしていると、夢の中でも同じ作業をしてしまいそうで、ちょっと怖い。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

臨江街夜市(通化夜市)ってどこ?

PHOTO DATA

No

11249

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年10月23日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ