ミャンマーの伝統的な発酵食品

ガピと呼ばれる伝統的な発酵食品
ミャンマーのバゴーで撮影 オザワテツ

プラスチックの容器はガピという発酵食品でいっぱいになっていた

バゴー川沿いには市場があった。何も買うつもりはないのだけれど、市場の中へと入っていく。市場では大勢の人が働いていて、地元の雰囲気を味わうには格好の場所だからだ。

薄暗い市場の中には沢山の店舗が並んでいた。売られているものはヤンゴンや他の町で訪れた市場と大して変わらないように見える。生鮮食品を売るお店もあれば、日用品を売る店もある。

そんな市場をウロウロとしていると、そのうち得体のよくわからないものを見つけた。店頭には幾つもの大きなバケツが置かれていて、どれもこれも中にはドロドロのものが入っている。よく見てみると、ドロドロの中には魚が入っている。どうやら、これはミャンマーの伝統的な発酵食品であるガピというものらしい。バケツの中で漬物のように魚を発酵されたガピはこの国では一般的な食品のようだ。おそらくはヤンゴンでも売っていたのだろうけれど、目に止まらなかったのだろう。いずれにしても、今まで口にしたことのないドロドロの物体は、僕の食欲をそそるものではなかった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バゴー(旧ペグー)ってどこ?

PHOTO DATA

No

11147

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月16日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

食物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ