ロビーギャラリーで足を交差させて立っていた男

東京国際フォーラムで足を交差した男
東京の有楽町にある東京国際フォーラムで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

閑散とした東京国際フォーラムのロビーギャラリーで男が足を交差させて立っていた

有楽町にある東京国際フォーラムを訪れるといつも清々しい気分になる。その原因はなんと言ってもロビーギャラリーに漂う開放感だろう。ラグビーボールのような形をしたギャラリーは、天井付近と片側の壁がガラス張りになっていて日差しをよく吸い込む。そのため天気のいい日にはギャラリーは日差しで中が満たされるのだ。この日も柔らかい日差しがギャラリーの中に降り注いでいた。

ロビーギャラリーで何かの催し物が行われることもあるけれど、この日は何もないようでギャラリーは閑散としていた。待ち合わせをしているように見える人たちが散見されるだけだ。足を交差して立っていた若者も誰かが来るのを待っているようだった。

それにしてもギャラリーは天井が高く、広々としている。周辺の通りを歩いても、ここほどの開放感を味わえるところは無いのではないかと思うくらいだ。そして思う。この開放感はこの東京国際フォーラムが建てられたとき東京が持っていた余裕を表しているのではないかと。今でも同じくらいの余裕を東京が持っているのかどうかはわからない。

ENGLISH
2021年7月 町角 東京
人影 有楽町

東京国際フォーラムってどこ?

PHOTO DATA

No

11970

撮影年月

2020年12月

投稿日

2021年07月17日

撮影場所

丸の内 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ