駅近くの路地の奥にサラリーマンが立っていた

路地の奥に立つサラリーマン

東京の有楽町で撮影

関連する写真

壁には多くのダクトが巡らされていて、それぞれ何に使うのかわからないけれど機械装置へと繋がっている。それらを見ていると、なんだか使い古された宇宙船の通路にいるような気がしてしまう。でも、そんな路地の先にはスーツを纏ったサラリーマンの姿があった。

宇宙船にスーツはあまり似合わない。やはりここは繁華街にある裏寂れた路地なのだ。立ち止まっていた男は手に財布を持っていて、小銭を仕舞っている。ここには吉野家や飲み屋が並んでいる。ちょうど空腹を満たしたところなのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年2月 町角 東京
路地 サラリーマン 有楽町
有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9662

撮影年月

2015年12月

投稿日

2016年02月26日

更新日

2022年02月15日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

有楽町ってどこ?

Prev & Next