青年が鉄骨がむき出しになった薄暗いガード下を歩いていた

薄暗いガード下を歩く青年
東京の有楽町で撮影
関連する写真

JRのガード下に立ち止まっていた。薄暗いガード下だ。道路の反対側には何本もの鉄骨柱が建っているのが見える。とても古そうだ。ひょっとしたら、100年位前に線路が開通した時からずっと支え続けているのかもしれない。天井にはやはり鉄骨が組まれていて、多くのリベットが確認できる。今の建築手法だと、このようなリベットは無いのではなかろうか・

そんな薄暗い道を青年が歩いていた。その向こうの煉瓦造りの壁には落書きがある。いつも思うのだけれど、この類の落書きは何を書いてあるのかよく分からない。この落書きも走り書きみたいになっているだけで、何が書いてるのかは分からなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年2月 町角 東京
薄暗さ 歩行者 有楽町
有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9660

撮影年月

2015年12月

投稿日

2016年02月24日

更新日

2022年02月15日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

有楽町ってどこ?

PREV & NEXT