男と女の影

脚のシルエット
東京の有楽町で撮影 オザワテツ

影も一緒に歩いていた

大勢の人が駅前の広場を歩いていた。暖かい太陽の光が降り注いでいて、歩いている人たちはみな自分の影を地面に引き連れていた。広場の片隅に立って、僕は地面を蠢いている影たちの動向を窺っていたのだった。

地面を這いつくばって動いている影たちには個性を失ってしまっているようだ。よく見れば、男性の影だとか女性の影だとかはわかるけれど、一見したところどれもこれも同じように見える。ひょっとしたら、影の世界は格差のない平等な社会なのかもしれない。

EN

有楽町ってどこ?

PHOTO DATA

No

9779

撮影年月

2016年3月

投稿日

2016年06月17日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL