ガード下を歩く女性

ガード下を歩く女性

薄暗いガード下に女性がいた

東京の有楽町で撮影。

周辺の華やかさと比べると、JRの線路の下をくぐるガード下は嘘のように薄暗い。屋根を支える鉄骨が立っていて、鉄骨には数えきれないほどのリベットが見える。このすぐ近くにある有楽町駅が開通したのは1910年だから、このガード下も同じくらい古いのだろう。そして、建設当時にはまだ溶接するのが困難だったのかもしれない。

ガード下の反対側に視線をやると、女性が歩いているのが見えた。女性は急ぎ足で歩いている。一刻も早くこの薄暗さの中から抜け出したかったのかもしれない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9814
撮影年月
2016年4月
投稿日
2016年07月21日
撮影地
有楽町 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年7月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP