狭い路地に飲み屋の提灯と看板がいくつも出ていた

提灯と看板のある路地

東京の有楽町で撮影

関連する写真

人目に付きにくい入り口から入って行くと、そこには狭い路地が真っ直ぐに伸びていた。有楽町で足を踏み入れた路地は屋根に覆われていて昼間でも暗い。その代わりあちらこちらに電灯が点いていて、路地の両脇には食堂が並んでいた。この路地は飲み屋街になっているのだ。どの店も通る人にアピールするために看板を出していて、その存在を綺羅びやかに主張している。出くわした大きな提灯には牛と書かれていた。

路地の中に入るまで、この場所にこのような世界が広がっているとは夢にも思わなかった。歩いていると、あちらからもこちらからも美味しそうな雰囲気が漂ってきている。秘密の楽園に迷い込んだような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年7月 町角 東京
路地 漢字 提灯 有楽町
有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9815

撮影年月

2016年4月

投稿日

2016年07月22日

更新日

2021年06月21日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

有楽町ってどこ?

Prev & Next