細い道が真っ直ぐに伸びていた

人のいない真っ直ぐな通路
東京の有楽町で撮影
関連する写真

線路脇の細い路地は真っ直ぐに伸びていた。どこまでも続いているかのように真っ直ぐだ。でも、歩いている人は殆どいない。見えるのは遠くを歩いている二つの人影だけだった。

あまりにも真っ直ぐに伸びているから、外から人が入って来るとどこまでもその姿が見えてしまう。このことが心理的なプレッシャーになってあまり人が来ないのかどうかはよく分からない。でも、道も通路も自然の中を流れる川と同じように淀んだ場所がないと生き物は行きていけないのではないだろうか。

ENGLISH
2016年7月 町角 東京
人影 通路 有楽町
有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9816

撮影年月

2016年4月

投稿日

2016年07月23日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

有楽町ってどこ?

Prev & Next