成田山新勝寺の仁王門

成田山新勝寺の仁王門
千葉にある成田山新勝寺で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

仁王門には大きな提灯がぶら下げられていた

境内の入り口に建っている総門をくぐり抜けると、次に姿を現すのは仁王門だ。1830年に建立されたこの門は国の重要文化財にも指定されている。

入り口には大きな提灯がぶら下がっていた。そして、浅草の雷門に掛かっているのと同じように大きな字が書かれている。でも読めない。どうやら「魚がし」と書かれているようなのだが、どう見ても「が」が「の」に見えてしまう。それ以上に、こんなに海から離れた場所で「魚がし」とはどういうことなのだろうか。見れば見るほどミステリアスな気分に包まれる提灯だった。

ENGLISH
2006年9月 建築 千葉
漢字 提灯 成田 寺院

成田山新勝寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

536

撮影年月

2006年7月

投稿日

2006年09月08日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

成田 / 千葉

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ