カオサンを歩くおみ足

カオサン通りを歩くおみ足

おみ足がカオサン通りを歩いていた

タイのバンコクで撮影。

そのうちにカオサン通りへと辿り着いた。ここは相変わらず賑わっている。外国からの旅行者向けのレストランやバーが立ち並んでいて、大勢の旅行者が道を行き来している。もっとも、僕もその外国からの旅行者のひとりだけれど。

道にはあちらこちらに大きな看板が出ている。どれもこれも英語で書かれていて、その趣はまるでアメリカのどこかの町のようだ。実際、ベトナム戦争の間、タイはアメリカ軍人の休暇先だった。バンコクからほど近いパタヤなんかはその時に大きく発展したらしい。そして、大勢のアメリカ軍人がつかの間の休息をこの国で取っていたのだという。時は流れて、カオサン通りを歩いても軍人なんかを見かけることもないし、そもそも戦争を連想させるものは何もない。今となっては至って平和な雰囲気だ。

道路の真ん中にしゃがんで写真を撮ろうとしていたら、ショートパンツ姿の女性が僕を追い越していった。そして、道の先に見える人集りの方へと歩き去っていった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

カオサン通りってどこ?

安宿街としてのカオサン通り

上の写真を撮ったカオサン通りは、東南アジア随一の安宿街だ。正確にいうと「だった」と書きべきだろうか。安宿街というと、安いホテルが軒を連ねているだけでなく、貧乏旅行者にとって利用価値の高いお店が並んでいるというイメージを持っている。かつてのカオサン通りには安宿はもちろん、航空券を購入するための旅行代理店、衣服を洗ってくれる洗濯屋などが沢山あって、これぞ安宿街という雰囲気だった。僕もカオサン通りの旅行代理店で北京までの航空券を購入し飛んでいったものだ。

しかし、時は流れてカオサン通りの様子もすっかり変わってしまったような気がする。通りを歩いても安宿は見当たらないし、旅行代理店も見当たらない。通りに面して営業しているのは外国人向けの小洒落た食べ物屋ばかりになっているのだ。これも時代の趨勢なのだろう。

下川裕治さんの本を読んでいると、カオサン通りが安宿街として名を上げるまでは、チャイナタウンの方に安宿が集まっていたようだ。でも、今ではチャイナタウンに安宿のイメージはまったくない。それと同じようにカオサン通りももう少ししたら安宿街のイメージが無くなってしまうに違いにない。

ちなみに、安宿街はカオサン通り自体からは消え去ってしまったけれど、道を数本入った路地の方に移動しているようだ。

PHOTO DATA

No

10731

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年09月14日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ