ワット・ポーの壺

ワット・ポーの壺

参拝客は壺の中に小銭を入れていた

タイのバンコクにあるワット・ポーで撮影。

ワット・ポーのお堂の中央には大きな涅槃仏が横たわっていて、参拝客はその周囲を歩けるようになっている。涅槃仏は周りを歩く参拝客に隅々まで見られているのだ。足の裏だって見られる。でも、涅槃仏は動じることはない。静かに寝転がっているだけだ。もう長いこと見られ続けてきたので慣れてしまっているに違いない。

お堂の壁に沿って、幾つもの壺が置かれていた。ちゃんと数えたわけではないけれど、どうやら108つあるようだ。煩悩の数だ。この壺に小銭を入れていくとことで煩悩に悩まされなくなるのだという。多くの参拝客が小銭を手にして壺に入れている。写真の女性もそのひとりだった。

ひねくれたことを言うと、壺に小銭を入れるだけで煩悩がなくなるのであれば世の中から嫉妬や妬みはあっという間に消滅してしまって、「嫉妬」や「妬み」という言葉さえ無くなってしまうだろう。個人的には、ここの住職はうまくやっという印象を受けてしまう。なにせ、拝観料以外にも収入を見つけたのだから。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ワット・ポーってどこ?

PHOTO DATA

No

11330

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月20日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ