木製の枠とふたりの男の子

カロムをしていた男の子
インドのアウランガバードで撮影 オザワテツ

男の子たちはカロムというゲームをしていた

空き地があって、ふたりの男の子が地べたに座り込んでいる。一緒に遊んでいるところだった。ふたりの前に置いてある木製の枠の中には駒のようなものが見える。ふたりが遊んでいたのは、カロムというボードゲームのようだ。

日本ではあまり耳にすることのないこのゲームはインド発祥で、日本にも伝わっているらしい。ちょっと調べてみると、滋賀県の彦根ではメジャーなゲームのようだ。残念なことに、写真のふたりは僕に気が付いてしまい、遊ぶのを止めてしまった。まあ、見たところでルールを知らない僕が楽しめるかは分からないけれど。

EN

アウランガバードってどこ?

PHOTO DATA

No

9380

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年07月24日

撮影場所

アウランガバード / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM