路地の先にそびえる高層ビル

住宅街の道の先にそびえる高層ビル
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

高層ビルへと続く路地にある雑貨屋の店先では女の子がお父さんと一緒にのんびりしていた

ジャカルタの住宅街をウロウロと歩いていると、視界に入ってくるのは低層の住居、あるいは住居兼店舗ばかりだった。そのような中で歩いている道の先に高層ビルが見えると、住宅街の終わりが近づいてきているような感じがする。再開発されて建てられた高層ビルからは庶民の生活臭は漂ってはこないのだ。方向からすると、写真の高層ビルはジャカルタの目抜き通りであるハヤム・ウルク通りに面して建てられているものだろう。

低層の建物と高層ビルの対比は、どうしても貧富の差を感じさせる。実際、社会における所得の不平等さを測る指標であるジニ係数は結構高くて0.4程度もある。ジャカルタでも豊かな人たちはもっと豊かになっていき、豊かでない人は豊かでないまま取り残されているようだ。

そんなことを考えながら歩いていると、小さな雑貨屋の前にやってきていた。店頭にはボールなど子どもの遊び道具が並んでいた。そして、その脇には小さな女の子が台の上に腰を下ろしていた。店主であるお父さんと一緒にダラダラと時を過ごしているようだった。

豊かになることは素敵なことなのだけれど、町中すべてが高層ビルになってしまってしまったら、幼い女の子がお父さんと道端でのんびりしているような光景を見られなくなってしまうような気がした。

EN

タマン・サリ地区とは

タマン・サリ地区はインドネシアの西ジャカルタ市にある地区。西ジャカルタ市では最小の地区(4.37km2)である。南と東に中央ジャカルタ、北に北ジャカルタに囲まれている。タマン・サリ地区にはジャカルタ旧市街、カリブサル運河の東側の領域の南東エリアが含まれています。このエリアは、ジャカルタの最古のエリアで17世紀にバタビア(ジャカルタの古い名前)の行政の中心地だったところです。

ジャカルタにあるタマン・サリ地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11587

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ