雌鳥が昔ながらの機織機で機織りする老婆の周囲をウロウロしていた

機織り機の周囲をウロウロする雌鳥
ラオスのルアンパバーン郊外にあるバーンサーンハイの集落で撮影
関連する写真

ラオス語でバーンは村を意味するから、バーンサンハイとはサーンハイ村ということ。ルアンパバーンからメコン川沿いに20kmほど北上したところにあるこの村は、ラオス焼酎「ラオラーオ」で有名なところだ。

だからといって、村の中を歩いても焼酎の匂いが漂ってくるわけではない。どちらかというと目につくのは焼酎よりも手織物だ。目抜き通りには、いくつも伝統的な手織物を販売するお店が並んでいるし、村の中で機織りしている人も見かける。何も知らなければ、焼酎の村というよりも手織物の村という印象を持つに違いない。

歩いていると、屋根もない道端に昔ながらの機織機が置かれていて、年配の女性が仕事に精を出していた。無言でカタカタと機織りしている老婆の周りを立派な鶏冠を持った雄鶏が歩き回っている。雄鶏はまるで老婆が作った手織物を売り込むための呼び込み屋ようだった。

ENGLISH
2008年3月 ラオス 人びと
鶏肉 機織 ルアンパバーン 老婆 織工
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1456

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年03月05日

更新日

2021年10月22日

撮影場所

バーンサーンハイ / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

バーンサーンハイってどこ?

Prev & Next