老婆が道端で織っていた

機を織る老婆
ラオスのバーンサーンハイで撮影
関連する写真

この集落は機織りで有名だった。集落の中を歩いていると、道端に昔ながらの機織り機が置いてあって、老婆が真剣な顔で織っているのに出くわした。

観光客に見せることを意識しているから、道端に機織り機を出しているのだろうか。でも、雨が降ってきたらどうするのだろう。機織り機だけでなく、売り物の布までも濡れてしまう。しかも、機織り機は大きくて老婆ひとりでは動かすのは難儀に違いない、そんな僕の心配をよそに、老婆は黙々と織り続けていた。

ENGLISH
2013年3月 ラオス 人びと
バーンサーンハイ 織工

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7311

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年03月06日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

バーンサーンハイ / ラオス

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

バーンサーンハイってどこ?

Prev & Next