豪徳寺では多くの招き猫たちが無表情で佇んでいた

豪徳寺の招き猫
東京にある豪徳寺で撮影
関連する写真

豪徳寺は彦根藩主井伊家の菩提寺で、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓所もここにある。また招き猫の発祥の地ともされているため、境内には多くの招き猫が奉納されているのだった。一箇所に集められた招き猫はみな右手を挙げて、同じポーズを取っている。ちょっと不気味だ。

もちろん、招き猫が幸運を招くラッキーアイテムであるのは知っているのだけれど、一斉に虚空を見詰めながら同じ姿勢を取り続ける猫たちを見ていると、ちょっと狂気を感じてしまうのはなぜだろう。ファシズムを思い起こさせるからだろうか。

ちなみに豪徳寺にいる沢山の招き猫はどれも小判を持っていない。小判という結果は猫ではなく、自らの力で掴み取るものだという意味なのらしい。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2006年8月 静物 東京
人形 豪徳寺 右手

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

501

撮影年月

2006年6月

投稿日

2006年08月04日

更新日

2020年09月01日

撮影場所

豪徳寺 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

豪徳寺ってどこ?

PREV & NEXT