路地は社交場になっていた

ジャカルタの路地にいたお父さんと幼い娘
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の路地にたむろしていた人の中には幼い娘を抱えたお父さんもいた

路地を進んでいくと、地元の人が大勢寛いでいる場所へとやってきた。ジャカルタの住宅街の中を歩いていると、家々が並んでいるだけところと地元の人が路地に集まってダラダラしているところの2種類あることに気がついた。この違いは何なのだろう。

思うに、この2種類の間にはそれほど明確な差は無いような気がする。ちょっと広くて、人びとが腰を下ろせるような場所があれば、ほんの小さなきっかけで人が集まるようになって井戸端会議などが開催されるようになるのだと思う。そして、地縁に基づく人間関係が構築されていくのだ。

写真のお父さんと幼い女の子もジャカルタの住宅街で人びとが集まっているところにいて、他の人たちと同じようにダラダラしていた。クリクリした瞳の女の子はまだ幼く、路地にいる他の人たちとの関わりは理解できないかもしれない。でも、今この瞬間も育んでいる地縁は女の子の血となり肉となり、大きくなった暁には役立つこともあるだろうし、足を引っ張ることもあるだろう。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11684

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月30日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ