聳え立つボダナートの仏塔

ボダナートに聳え立つ仏塔
ネパールのカトマンズにあるボダナートで撮影 オザワテツ

境内の中心には仏塔が聳えていて、タルチョーが風になびいていた

敷地の中心に巨大な仏塔が聳え立っている。ここボダナートはチベット仏教の聖地だ。仏塔は圧倒される大きさだ。塔の上部には目が描かれていて、四六時中世界を見詰めている。その瞳を見ていると、なぜだか自分が世界の中心にいるような気がしてくるから不思議だ。

塔からは紐が垂れ下がっていて、多くの旗が風に靡いている。よく見えると、タルチョーと呼ばれる旗にはお経がびっしりと書かれている。聳え立つ等を眺めていると、その大きさになんちゃって仏教徒の僕も少しだけ敬虔な気持ちになった。

EN

ボダナートってどこ?

PHOTO DATA

No

7814

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年08月21日

撮影場所

ボダナート / ネパール

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る