怒れる面を付けた男

怒れる面を付けて舞う男
東京の新宿にある花園神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

面の眉間には皺が寄っていた

険しい表情の面を付けた男が弓を手に舞い続けていた。表情は相当に怒っているのだけれど、怒りにかまけて弓矢を放つことはない。表情とは裏腹に、舞は穏やかで優雅だった。もちろん、面の表情が怒っているだけで面を付けている男自信が怒っている訳ではない。

男は冷静さを保ちながら舞っている。もし、この男が冷静さを失ってしまったら演じられている能が台無しになってしまう。能は観客に向けて舞っている訳ではない。ここに祀られている神様に対して舞っているのだ。だからこそ、男は粛々と任務を遂行する必要があるのだった。

ENGLISH
2007年7月 人びと 東京
船首 仮面 新宿 神社

新宿の花園神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

965

撮影年月

2007年5月

投稿日

2007年07月10日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ