船は出帆を待つ

漁船を塗り直す男
スリランカはベールワラの港の近くで撮影 オザワテツ

男は漁船の船首を塗り直していた

野球帽を被った男が梯子に乗って、船首にペンキを塗っていた。綺麗に塗り直された船は、次の漁に備えているのだった。綺麗に塗装し直された船で漁に出るのは、気持ちが晴れ晴れとするに違いない。気持ちが乗ってくれば、漁もまた大漁になるかもしれない。

スリランカは仏教徒が大多数を占める国だ。でも、仏教では殺生を厭うので、この国の漁師のほとんどはキリスト教徒らしい。このような発想は、一応同じ日本ではあまりないような気がする。

EN

ベールワラってどこ?

PHOTO DATA

No

1853

撮影年月

2008年3月

投稿日

2008年07月29日

撮影場所

ベールワラ / スリランカ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM