茅の輪が置かれた東郷神社の社殿前で神職がトンボを引いていた

鉄製のトンボを引いていた神職
東京にある東郷神社で撮影
関連する写真

境内にはほとんど参拝客の姿はなかった。ここは混雑している竹下通りのすぐ脇にあるのだけれど、日露戦争の英雄である東郷元帥が祀られているこの神社まで足を伸ばす人はほとんどいないようだ。

境内は落ち着いた雰囲気で、神職たちが新年を迎える準備をしていた。拝殿の前には大祓の茅の輪が設置されていて、神職が鉄製のトンボを引いて玉砂利に模様を付けていた。右へ左へ何回も往復している神職を見ていると、付けたばかりの模様の上を歩くのは申し訳ないような気がしてきた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年3月 町角 東京
原宿 神職 神社
原宿で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9670

撮影年月

2015年12月

投稿日

2016年03月05日

更新日

2022年02月15日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

東郷神社ってどこ?

PREV & NEXT