背中に手を当てた男の子がケーナを吹くストリートミュージシャンをぼんやりと眺めていた

ストリートミュージシャンを眺める男の子

ストリートミュージシャンを眺める男の子

関連する写真

晩秋の上野公園に戻りつつあったのは人出だけではないようで、園内には芸を披露する大道芸人の姿も戻りつつあった。同じ大道芸を披露するにも、やはり人が大勢いるところの方がやり甲斐があるに違いない。小松宮彰仁親王の騎馬像の近くでも、南米から出稼ぎに来ていると思しきミュージシャンがケーナを手に演奏していた。

カラフルなポンチョをまとって道端で演奏するスタイルの人たちは結構昔から東京で目にしていたものの、かつてはグループで演奏する人たちが多かったような気がする。しかしこの日に上野公園の一角で演奏していたのはひとりだった。メンバーはコロナ禍になって帰国してしまったのだろうか。

しばし足を止めて演奏に耳を傾ける。南米の旋律は異国情緒にあふれていて、僕以外にも足を止めて聞き入っている人は多かった。その中にインド系と思われる男の子もいた。インド系の人にとっても南米の旋律には異国情緒を感じるのだろう。背中に手を当てた男の子は、ポンチョをまとってケーナを吹く男の姿をじっと眺めていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 人びと 東京
バック・ショット 男の子 ミュージシャン ポンチョ 大道芸人 上野 上野公園
上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12131

撮影年月

2021年11月

投稿日

2021年12月25日

更新日

2022年05月30日

撮影場所

上野公園 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

上野公園ってどこ?

Prev & Next