鐘が鳴る

鳴っている鐘
メキシコのサンクリストバル・デ・ラスカサスで撮影 オザワテツ

鐘の音が道に響き渡っていた

町を歩いていると、突如鐘が鳴り始めた。すぐ近くで鳴っている。僕のすぐ上だった。鐘のある建物は、この町のカテドラルの後ろに建っているものだった。カテドラルに付属している建物のようだ。

人口の約80%がカトリック教徒なので、この町にも司教座が置かれている。ちなみに町の名は、インディオの保護者とも呼ばれたバルトロメ・デ・ラス・カサスという人物にちなんでいるらしい。「インディオの保護者」なんて、ちょっと白人の傲慢さを感じるのは僕だけだろうか。

EN

サンクリストバル・デ・ラスカサス大聖堂ってどこ?

PHOTO DATA

No

9150

撮影年月

2010年7月

投稿日

2015年03月31日

撮影場所

サンクリストバル・デ・ラスカサス / メキシコ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る