鐘の脇に座る男

鐘の脇に座る男

男は大きな鐘の横に腰を下ろしていた

ネパールのバクタプルにある旧市街で撮影。

旧市街の入り口には鐘が吊り下がっていた。何を知らせるための鐘なのだろう。時刻を住民に知らせるためのものなのだろうか。いずれにしても、鐘は鉄格子で覆われていて、誰もが鳴らせるようにはなっていなかった。そりゃそうだろう。四六時中鳴っていたら、五月蝿くてかなわない。

その傍らにはトピーと呼ばれる帽子を被って、伝統的なベストを着た男が静かに腰を下ろしていた。誰かを待っているようだった。後ろの方には富士フィルムの看板が見える。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バクタプルってどこ?

PHOTO DATA

No

7325

撮影年月

2009年6月

投稿日

2013年03月11日

撮影場所

バクタプル / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ